« 部活動紹介 | トップページ | ラグビー部活動報告 »

30期生インタビューその3

30期生インタビューその1

30期生インタビューその2

皆さま、お待たせしました。「てれさの部屋(仮題)」の時間です。そろそろ(仮題)を取りたいと思っていますがいかがでしょうか?

さて、第3回のゲストは、若さとノリの良さが密かに話題となっている「頭(かしら)」こと、神谷(中田)嘉三さんです。

◆それではまず、高校時代のことからお聞きします。1年から3年までのクラスと、担任の先生を教えてください。

3020080819082307 (神谷)1年のときは8組、担任は黒光先生で、家庭環境のことで最も親身に相談に乗って下さいました。2年は5組で、南先生。1年2年と男子クラスだったので、3年になっても男クラだと思い込んでいたら、男女クラスに。3年2組、高木先生でした。2年間女性とはほとんど会話したこともなかったので、クラスの女性とさえ会話不能に…。

◆クラス分けというのは、運命を左右するかもしれないですよね。今は女子の数も増えて、「男クラ」も減ったと聞いています。所属していた部活動は何でしたか?

(神谷)1年生の時に中学同様「陸上部」(長距離走)に入部したものの、夏頃に体調不良が原因で退部。以後、中学時代同様に新聞配達を再開。ホントは「応援団」に入りたかったのに当時決断できなかったことを今でも後悔しています。

◆「応援団」に入るには、やはりそれ相応の覚悟が要るというのは、想像に難くないです。自分から見て、どういう高校生だったと思いますか?

(神谷)小中学校時代は誰とでもすぐに友達になれましたが、高校に入ってからクラスの雰囲気に馴染めず、人見知りがひどくなりました。第三者からみれば、いわゆる「ネクラ」に。2年・3年と進級しても事態はあまり改善しませんでした。なので、高校時代の私のことを記憶されている方は少数かと。

◆「ネクラ」と言われて「自分のことかも」と思っている人は、案外多いのでは?足跡はいろんなところに残っているのではないかと思いますが、高校時代の一番の思い出を聞かせてください。

(神谷)楽しかったことは、高校1年の夏休み、中学時代の友達と萩・津和野を旅行したことくらいかな。つらかったことは、1年の時に両親が離婚、3年で父親が死亡と家庭環境が激変したことです。

◆当時、萩・津和野は「アンノン族」で賑わっていましたね。いろいろな思いを抱えていた高校時代、読んでいた本や好きだった歌なども紹介してください。

(神谷)読んだ本は、日本マクドナルド創業者の藤田田氏著「頭の悪い奴は損をする」です。当時の小倉には、まだマクドの店舗はなかったと思います。中学3年の頃より最も影響を受けたのが「よしだたくろう」さん。当時のメッセージソングには哲学があり、友達のいない自分はオールナイトニッポンのような深夜放送にもハマりました。ネクラな私の楽しみは、井筒屋裏にあった「ダウンビート」というレコード屋さんで、毎月一枚ずつ拓郎や陽水のLPレコードを購入することでした。もちろん新聞配達のバイトで貯めたお金で。

◆マクドナルドが魚町にできたときは、ちょっとした「事件」だったような気がします。深夜放送、LPレコード、懐かしいですね。「レコード屋さん」という響きも、きゅんと来るものがあります。人それぞれの「青春」があるんですよね。ところで、現在は何をされているんですか?

053 (神谷)平成8年にそれまで勤めていた会社を退職し、起業の道へ。現在やってる業務は「結婚式・イベント・観光案内等の人力車出張サービス」です。小倉祇園太鼓の祭好きとマラソン・トライアスロンの趣味が高じて生業になりました。「起業・独立」のテーマを中心としたブログを毎日更新中で、いずれは著書として出版を考えています。

◆ブログを毎日更新とはすごいですね!若さとバイタリティーにあふれた現在ですが、30年前は、今の年齢の自分をどのように思い描いていましたか?

004_2 (神谷)ほぼ父親の亡くなった年齢であり、全く想像したこともなかったです。

◆では、高校を卒業してから現在までの30年間で、最も印象に残っていることや一番の思い出は何ですか?

003 (神谷)最も印象に残っていることは、大学時代を過ごした神戸の街が壊滅した「阪神淡路大震災」です。95年1月14日~16日まで京都・神戸を旅行し、16日の夜、大阪梅田より高速バスで当時の勤務地である信州松本へ戻りました。その翌日の出来事だけに自分の人生観を大きく変えるキッカケになりました。また、一番の思い出は、バブル絶頂期の平成元年、トライアスロンレース出場・富士山登頂・アメリカ西海岸一人旅をやったことです。

◆誰にでも言えることかもしれませんが、30年というのは本当に長い時間 です。一言では言い表せませんよね。30年前は、今の自分を想像したことがなかったそうですが、これから30年後は、どんな自分になっていると思いますか?

20070721210534(神谷)生涯現役を自任しているので、80歳でも若者にまじって一緒に人力車を曳いているかと(笑)。

◆そんな80歳の姿、想像するだけで楽しいですね。何かと背負うものが多い年代ですが、同期の頑張りを思うと勇気付けられます。最後に、30期の皆さんや母校へひとこと。

(神谷)30期の皆さんへ、高校時代はネクラで目立たぬ自分でしたが、過去のしがらみにとらわれることなく交流して下されば、うれしく思います。30年間言えずに胸にしまっていたことですが、母校へひとこと。一年浪人した後、高校に合格の報告へ行ったところ、職員室の壁に各大学の合格者名が張り出されていました。自分の名前を探したところ、何と「二浪以上」の欄に名前が書かれていた(怒)!

◆合格報告の際の喜び半分、怒り半分の姿が目に浮かぶようですね。30年を経て、変わったこと、変わらないことがありますが、同じ空間で同じ時間を過ごしたからこそ、共有できる「何か」があるような気がします。これからも健康に留意して、たくさんの「夢」を運んでくださいね。お忙しいところ、ご協力ありがとうございました。

それでは、次回の「てれさの部屋(仮題)」もお楽しみに!

|

« 部活動紹介 | トップページ | ラグビー部活動報告 »

30期生」カテゴリの記事

コメント

神谷(中田)君とは2年・3年と同じクラスで出席番号も隣同士でした。

お知らせです。

○神谷繕光さん(旧姓;中田)がcross fm番組「From Now On!」に出演します。  《日時》2009年3月8日(日)24:00~25:00
  《番組名》「From Now On!」 コーナー名・・・Human File
  《出演》 博多人力屋 CEO 神谷繕光さん
  《放送局》cross fm 北九州77.0MHz 福岡78.7MHz 久留米86.5MHz 大牟田87.8MHz 

番組紹介サイト⇒http://www.crossfm.co.jp/contpgms/w_main.php?oya_id=81

投稿: 中村幸稔 | 2009年3月 2日 (月) 12時53分

ラジオ楽しみですね。
聴取された方は、ぜひ感想をお寄せください。

投稿: 管理人>中村幸稔さん | 2009年3月 8日 (日) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部活動紹介 | トップページ | ラグビー部活動報告 »